商品先物取引で大成功した筆者がすすめるおすすめの商品先物取引会社、キャンペーン、取引手数料、取扱銘柄等、 口座開設の儲かるお得な情報・先物取引会社の全てがこれでわかる!初心者が稼げる口座・商品先物会社をここでみつけて申し込もう!

top_sakimono2

商品先物取引会社を1社ずつ徹底比較して口座開設! あなたにあった商品先物取引会社を 是非ここで見つけて口座開設しましょう!

各会社のHPをよくチェックして比較・検討しましょう!

 

1位 北辰物産(D-station) 234×60 保育士       詳細はこちら(公式サイト)
★★売買手数料業界最安値水準★★(日計片道 ミニ・限日:44円、標準:173円) PC・スマホ・タブレット全てのデバイスに対応しているから『いつでもどこでも』快適にお取引!!◆ドル建てスポット価格(金、白金)及び為替が【リアルタイム】でCheck☆できる等豊富な情報を揃えております。800~翌朝530まで取引時間内あんしんのフルサポート体制!!口座開設キャンペーン実施中!!  
2位 コムテックストレードワンプロ       詳細はこちら(公式サイト)
格安手数料のコムテックスでオンライントレードは決まり!】~ ★コムテックスのデイトレードなら・・・ ⇒いつでも片道162円(通常税込)♪ ・専用スマートフォン用アプリ(iOS&Android)もご利用になれます!!  新規口座開設&売買で最大10万円分のギフト券プレゼント!
3位 フジトミ(FITS)       詳細はこちら(公式サイト)
タブレット端末対応のスマートフォン版「FITS(フィッツ)」が人気☆ ・JASDAQ上場企業のオンライン商品先物取引。商品先物取引業者最大の約370銀行に対応したクイック入金が魅力。最新機能を驚きの手数料(片道405円)でご提供しています!《キャンペーン》かなりお得なポイントプログラム実施中!
EVOCX エボリューション       詳細はこちら(公式サイト)
★金ミニ・白金ミニ取引手数料は業界最安NO.1≪片道税込65円≫ ★CX業界NO.1の情報サービスで初心者も安心 ★特殊注文<コンビネーション注文><IFD-OCO注文>搭載★スマートフォン用アプリで外出先でもスピーディな取引が可能。
岡藤商事       詳細はこちら(公式サイト)
レスポンアプリ版も新たにリリース!スマートフォンも機能が充実。月間50万円以上の場合、VD制導入でお得な手数料に。クイック注文やIFD・OCO・TS等多彩な条件付注文や30種類以上のテクニカル分析も継続。顧客限定情報サービスも充実。クイック入金にも対応。
ヴィーナス
(フジフューチャーズ)
ヴィーナス       詳細はこちら(公式サイト)
おかげさまで創立50周年!商品先物インターネット取引の老舗 ≪業界トップクラスの口座数!(キャピタル・エフ調べ)≫! [PC][スマホ][モバイル]対応の商品先物取引情報サイト【マーケット総合情報】を完全無料提供。
OASIS 岡地 fujitomi       詳細はこちら(公式サイト)
操作しやすい取引画面と高品質回線で快適な取引環境を実現!デイトレードに最適のクイックオーダーなど便利な機能が満載!
相場ライフ 岡安 fujitomi       詳細はこちら(公式サイト)
自由に取引画面を設定でき、相場表・気配値・チャートなど様々な画面から注文が行えます。 新たに搭載される『TS注文』はトレーリングストップと呼ばれる注文方法となり、損失を限定し、最大限の利益を狙うことが可能となります。

 

取扱い銘柄条件

東京商品取引所

  金(ミニ)  白銀 白銀(ミニ) バラジウム ガソリン 灯油 軽油 原油 ゴム とうもろこし 一般大豆 粗糖 小豆

大阪堂島商品取引所

 東京米 大阪米 とうもろこし USA大豆 小豆 コーン75指数 冷凍エビ 粗糖

携帯端末対応条件
 i-mode (NTT DoCoMo) Yahoo! keitai (SoftBank) EZWeb (au) スマートフォン

1

商品先物取引の初心者へ

商品先物取引の初心者がもっとも気をつけなければならないのが、自分にあった適切な先物会社をみつけることです。現在口座開設をしている方も現在の先物取引会社が正しいとは限りません。 商品先物取引を行っている会社は、まだFXや株の証券会社ほどは多くありません。 その為、選択肢は自ずと限られていきます。 とはいえ、それでどの商品先物取引業者でも同じ、というわけではありません。 それぞれに特徴があり、良い所、悪い所があります。 では、実際にはどういった基準で先物取引業者を選べばいいのでしょうか。 先物取引は、まだまだ知名度の低い投資分野であることから、先物取引会社のシステムがFXや証券会社ほど 安定していない事が多いです。 株の場合は、まず手数料などのコスト面を重視する事に なります。ここが先物取引の初心者が陥りやすいところです。 商品先物取引 業者に関しては、 システム、経営の安定が重要です。 システムが優れていないと取引スピードが落ちて、ユーザーからすると非常にストレスになりますし、取引の機動力が落ちて、機会損失を生むことは間違いないです。手数料だけで判断してはいけない、ということを強く言っておきます。手数料が高めのところはその分、システムがしっかりしており、非常に日常的に取引しやすいのです。 先物取引会社のオンラインサービスは、証券会社と比べ、正直あまり充実しているとはいえないところがあります。 よって、システムが出来るだけ安定している先物業者が好ましいです。 例えば、サーバーが極端に弱い商品先物会社は、少しでも注文が殺到すると すぐに繋がらなくなります。 これは金融取引としてはと共に致命的です。 取引はタイミングが命で、それを逃すと大損してしまったり、 せっかくの利益機会をなくしてしまったりする恐れがあるのです システムが安定しないと、このタイミングを掴み損ねる可能性が高いです。 また、商品先物業者の経営状態も非常に重要です。 というのも、まだ小さな先物会社が多いので、油断している と先物会社が倒産などという事もありえます。 そうなると、 口座に入れていたお金が全てなくなってしまう、 ということにもなりかねません。 十分注意しましょう。

商品先物取引と株の違い

株は、会社の業績が良いか悪いか、その会社のサービス等によって値動きが生まれます。それに対し、商品先物取引は原材料が対象で、その原材料の需要があるかが基準となってきます。銘柄の主なものは、金、銀、白金、原油、石油、灯油、ゴム、とうもろこし、大豆、コーヒーなどです。

株と商品先物取引の違いとしては、期間が決まっている、という点が挙げられます。株はいつまででも売らずに置いておくことができますが、商品先物取引は、1年など取引期間が原則的には決まっています。また、株は安く買って、高く売ったときにしか利益がでませんが、商品先物取引では、安く買って、高く売ったときも利益がでることに加えて、高くで売ってそれを安くで買い取って利益を出す、ということもできます。

金先物取引

初心者が商品先物取引を始めるにあたって、どの銘柄から始めればいいかですが、一般的には金から始める方が多いでしょう。金は主にアフリカや中国などで年間およそ3000トンが採掘されているのですが、地球上に埋蔵されている金の量にも限度があるため、20年後には枯渇するといわれています。したがって、金の値段はどんどん上昇していくことが予想されます。金の値動きはNY市場の影響を大きく受けるので、金の先物取引を行う場合はNY市場のチェックはかかさず行うようにしましょう!金は原油やガソリンあたりと比べると値動きが安定している傾向にあるので、初心者が始めるのに適しているかもしれません。

金ミニ取引

金の先物取引は、取引単位が1000gで証拠金の額が13万5千円です。個人投資家にはやや高い金額ともいえます。そこで、2007年に金ミニ取引が上場し、個人にも手が出しやすくなりました。金の先物取引の証拠金が13万5千円であるのに対し、金ミニ取引は取引単位が100gで、証拠金も1万8千円です。証拠金の預託も不要なので、非常に参加しやすくなったといえるでしょう。

原油先物取引・石油先物取引・ガソリン先物取引

原油先物取引にはウエストテキサスインターミディエイト(WTI)や北海ブレンドやドバイの3つの指標があります。この中で最も有名なのはWTIで、アメリカのテキサスで採取できる原油を扱っています。もっとも、これは日本の取引所ではなく、NYの取引所で扱っているものです。

日本では、原油先物取引を扱っているのはこのサイトで特におすすめしている北辰物産が扱っていますので、原油先物取引を始めたい方は是非口座開設することをおすすめします。

原油先物取引やガソリン先物取引などは、原油産出国の政治情勢や経済情勢などの変化の影響を直接に受けます。したがって、1日で投資額を倍にありますし、逆にマイナスにしてしまうこともあります。金あたりと比べて値動きが激しい銘柄ではあるので、玄人向けの銘柄なのかもしれません。株の暴落などで原油やガソリンに投資家が流れてくると、原油やガソリンの額が大きく高騰化します。原油先物取引やガソリン先物取引は大きく夢をつかめる銘柄という意味では面白いかもしれません。

具体的に原油先物取引のイメージを説明しましょう。

たとえば、あなたが原油を中東アラブから1バレル100ドルで購入したとします。ところが半年後、その原油を売りに出そうとしたら、1バレル50ドルになってしまいました。すなわち50ドルの損失を被ることになります。そこで原油先物を行うとこのリスクを回避することができます。すなわち、中東アラブから1バレル100ドルで購入すると同時に、同じ数を半年分1バレル100ドルで購入します。半年後、この原油は1バレル50ドルになっていますから、50ドルの損失ということになります。

最も、ここで先物では100ドルで売却したものを50ドルで精算することになります。先に100ドルで購入していますから、その後の原油の価格が変動しようとも半年後に買い戻せばよいということです。したがって50ドルの利益が出ていることになります。このように商品先物取引はリスクヘッジになるのです。

先物取引で勝つ秘訣

まず、伝説の熟練先物トレーダー・メラメドの言葉を引用します。

「先物取引はギャンブルではない。先物取引に確率論を持ち出す必要はない。確率論は賭博師の持ち込むものであり、先物トレーダーにとっては無用の存在である。確率論を用いて先物取引を行うと、あらぬ損失を被る必要がある。先物取引で成功をおさめるトレーダーは、賭博師ではない。賭博師が、その持てる技術を駆使して先物取引をしてもたいていは失敗に終わる。この理由は極めて単純なものである。すなわち先物相場は経済学の法則に從って変動するのに対して、ギャンブルで成功を収めるかどうかは確率の法則の結果であるからだ。・・この区別は重要である。先物取引に確率のルールを活用してはならない。他の分野では真っ当な賭けであってもそれは先物取引にとって最悪の事態を招くことだってあるのだ。逆に確率にもとづいて判断した場合には良いチャンスではない場合でも、先物取引においては、とてつもなく最高の先物取引ポジションになることだってあるのだ。

これを具体的な例でみてみよう。例えば、これまで相場の下落が長期にわたり続いていたとする。確率からみてそろそろ反転の時期である。したがって、相場反転を狙って買いに出る。しかしながらマーケットでは依然として供給過多の状態が続いて相場は軟調に推移する。この結果、確率をベースにして相場を張っていると、損失を被ることになる。」

また、先物トレーダーから次のような言葉をきくことがあります。

「相場がこれまで連続10日も上げ続けてきたので、そろそろポジションを手仕舞う時期だ」こうしたトレーダーは、先物取引に確率論を適用しています。このポジションの手仕舞いが仮にうまくいったとしてもそれはあくまで結果オーライでということであって、正しい理由でポジションを手仕舞いしたかというと、それにはほど遠い話です。このトレーダーが持っている買い持ちポジションは、買い付けを行った第1日目よりも第11日目のほうが良い状態にあるかもしれません。つまりこのトレーダーがいまから10日前に持った予想が、やっと11日目にマーケットで実現を見ようとしているかもしれません。このように、確率は、相場を予想する場合に考慮すべき要因とはならないと思われます。

商品先物取引で成功するためには何が必要か

多くのトレーダーが商品先物取引で儲け、大金を手に入れていますが、一方で多くの人が損もしています。何が原因でこういった違いが生まれているのでしょうか。残念ながら、実際にトレーディングの能力を試すことができる唯一の場は商品先物取引のマーケットそのものです。トレーダーが実際の相場展開を前にしてどのような行動に出るのかをみなければ、そのトレーダーの能力を判断することは極めて難しいでしょう。

商品先物取引で成功するために必要なことは何か。多くの要因があると思われますが、特に重要なことは次の点です。それはあなたの精神構造がどのようなものかです。すなわち、あなたがどのようなタイプの人間に属するかが、先物取引で成功するか否かを決定付けることとなります。具体的には次のようなことになるでしょう。

プレッシャーにおかれた場合にどのように反応するか?

迅速な判断を下す能力があるか?

論理的に考えることができるか?

強い意思の持ち主か、感情的になりやすい性格か?

金に対する考え方はどのようなものか?

このように商品先物取引においては心理形成が決定的に重要となります。あなたが商品先物取引のマーケットでポジションをとったあと、あなたの判断は感情に流されることはないか、事実と相場動向に対するあなたの解釈はバイアスのかかったものとなっていないか、論理的に決断しなければならないところ、感情的になって判断を誤っていないか。先物取引ほど「逃げるは、いずれ戦うため」との格言がぴったり当てはまるものはないと言われています。商品先物取引の世界では、物事をよく考えてみようということで会議を先延ばしにすることはできません。また、一時的にせよ他の事柄のほうに気をそらすこともできないでしょう。先物相場は刻一刻と動いています。慎重なな判断を下さなければならないまさにそのときに、感情や心理状態がその能力を発揮する邪魔をしてはなりません。商品先物取引で成功を収めるには多くのことを学ぶ必要があります。そして、ファンダメンタルズと統計を理解し、その技術的適用を把握し、取引の勘を醸成し、敗北を素直に受け入れ、勝利に酔ってはならないでしょう。こういった意味で商品先物取引は非常に人間としての力が必要なのです。

最後に

当サイトは、各社のオンライントレードにおけるサービス内容を比較検討しています。このホームページの掲載内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、その内容についての一切の責任を負うものではありません。あくまでもサービス選択時の参考までに各自のご判断でお願いいたします。また詳細は各社の案内をご覧下さい。

お問い合わせ

<PR>
【クローズド】「コムテックス」口座開設プロモーション


【クローズド】「コムテックス」口座開設プロモーション

固定ページ

PAGETOP
Copyright © ライフパートナーズエージェンシー All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.